消費者金融でおまとめローンを意味は?

消費者金融の中でも大手で専用のコースを設けているのは、アコム、アイフル、プロミスの三社です。

 

これらの金利はプロミスが6.3%〜17.8%、アコムが7.7~18%、アイフルが12〜15%になっています。以上から、一番金利が安くなるのはプロミスだと分かりますね。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

アイフルを利用する際には、少額の場合

上限金利が最も安いのは、アイフルです。上限金利が適用される場合は、少額の融資に限ります。基本的に少額の融資は100万円未満の場合になりますが、そのような場合にアイフルを利用すれば得をすることはあります。しかし、実際にはおまとめローンを行う際には、どうしても100万円を超えてしまう場合が多いので、アイフルを利用する機会はあまりないかもしれません。また、下限金利が最も高いため、高額になればなるほど、他の消費者金融より金利が高くなってしまいます。

 

下限金利が最も安いのがプロミス

プロミスを利用する際には、200万円以上で300万円までならば、メリットがあります。下限金利が適用されるのは、上限金利の逆だと考えれば、得をする場合が、融資金の高い時だと分かりますね。その上、先ほども述べたように、おまとめローンは高額になりやすいため、プロミスを利用した方が金利が低くなり、得をする場合は多いことが理解できるでしょう。ですので、おまとめローンを行う際に一番オススメなのはプロミスになります。

 

おまとめローンのメリットは金利だけではない

おまとめローンをする意味は、金利が安くなるだけではありません。何よりも、返済のモチベーションを保つことができます。複数の業者から融資を受けていると、返済を滞りがちになります。

 

返済先がたくさんあるために、ついつい返済することを忘れてしまったり、どこにどれだけ返済すればいいのか分からなくなったりしてしまいますし、考えるのも億劫になって、完全に返済を止めて現実逃避をしてしまう、という人もいらっしゃるようです。そんなことにならないためにも、おまとめローンで一本化してしまえば、返済先は一つですし、返済スケジュールも立てやすくなることでしょうから、モチベーションが保ちやすいのです。

 

実利的なメリットももちろんある

モチベーションが上がるのは、精神的なメリットだと言えるでしょうが、もちろん、金銭的、時間的に得をすることもあります。まずは、返済にかかる手間、つまり時間を減らせるということもメリットの一つとして紹介します。複数の返済先があると、毎月同じ日に返済をする、というよりは、バラバラの日に返済期日を設けている人の方が多かと思います。

 

そのため、わざわざお金を振り込まなければならない無駄な時間が生み出されてしまいがちです。また、そろそろ返済に行かなくてはならないと思うと非常に面倒ですし、休日に家でゆっくりしているときにも車を出して返済しにいく、というようなこともしなくてはなりません。それなら、毎月一日だけの返済にしてしまった方が、楽になりますよね。時間も無駄に使わなくて済みますから、自分のために何かができる時間が増えるでしょう。

 

また、手数料のことを考えると、一本化した方がはるかに得だと言えます。これは金銭的なメリットです。まず、複数の返済先があると、それぞれに返済を行う際に、コンビニATMなどを利用したりすることもあり、毎回かなりの手数料を発生させてしまっている方もおられると思います。しかし、その分の手数料は、一度だけならば少額で済みますし、利用するごとにこれぐらいなら痛くもかゆくもない、と思ってしまいます。

 

ですが、手数料を積み重ねて総額を見てみると、実はとんでもない量のお金を支払っていた、なんてことがたくさんあります。それを返済に充てることができていたら、金利が今より少ないうちに全額返済できたかもしれません。大げさかもしれませんが、手数料の出費は積み重ねればお財布にはかなりの大ダメージになるのです。ですが、おまとめローンで一本化すれば、それもカットできます。

 

以上のように、金利的なメリットもありますし、おまとめすることそれ自体にメリットがあるのです。無駄なことだとやらずにいるよりは、思い切って一本化してしまうと、気分的にも金銭的にも楽になるので、ぜひともおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

返済プランをシミュレーションしてキャッシングの乗り換え!

キャッシングを長期的に利用していると気になるのが金利です。金利によっては借入先を変更、つまり乗り換えをした方が良い場合があります。

 

キャッシングの乗り換えをする際には、現在の金利と乗り換えた後の金利を比較して本当に得なのかを検討する必要があります。何も考えずにキャッシングを乗り換えて逆に金利が高くなってしまっては意味がありません。例えばおまとめローンで多重債務をまとめる場合などは現在の借金の金利がバラバラという状況になりがちです。

 

面倒でも全ての借入について利率の計算を行い一本化した後と比較するようにしましょう。特におまとめローンを行うという事は借金に苦しんでいる状態です。少しでも有利なキャッシング利用になるよう細心の注意をするべきでしょう。

 

おまとめローンで金利が高くなってしまう場合

先に記載したようにキャッシングの乗り換えで金利が高くなってしまう場合もあります。また、おまとめローンでは乗り換えを行うことで金利が高くはならないものの低くもならないという事はありがちです。

 

もちろんローンの一本化をする事自体にも意味があるので金利が据え置きでも問題はありません。しかし、できることなら金利は安い方が良いでしょう。

 

銀行のカードローンでも金利が高い場合がある

基本的には消費者金融よりも銀行の方が金利は低くなります。しかしオリックス銀行やじぶん銀行といった特定の銀行では消費者金融とほとんど変わらない水準になっています。

 

上限金利はそれぞれ17.8%と17.6%ですから利用条件によっては消費者金融よりも高い場合があります。このように金利の高いカードローンが存在するわけですから乗り換えても意味がない事もあるのです。乗り換えの手間だけかけて金利が変わらないのでは意味がありません。

 

借入額が増えれば金利は下がる

オリックス銀行やじぶん銀行は上限金利は確かに高く設定されています。しかし逆に下限は低く設定されており、金利は貸し付け金額によって決められます。具体的にはオリックス銀行では3.0%が下限金利に、じぶん銀行では3.9%が下限金利になっています。例えばプロミスなどは下限が4.5%ですからキャッシングの金額が大きくなれば乗り換えの意味があるのです。

 

この事から少額のキャッシングでは乗り換えに意味がなくても借入の額が大きければ効果のあるケースが存在していることがわかります。また、おまとめローンの場合は必然的に金額は大きくなりますから金利が下がりやすい傾向にあります。実際に乗り換える際には借入ている金額がどの程度かを把握したうえで比較しましょう。

 

よくある”乗り換えたのにもかかわらず金利が低くならない”ケースとして少額のカードローンの乗り換えが挙げられます。基本的に少額のキャッシングでは上限金利ギリギリの利率の場合が多く効果が薄いのです。

 

返済プランの立て方

各業者のホームページを閲覧していると返済シミュレーターが設置されているのに気がつくと思います。借入の金額と金利を入力する事で返済のシミュレーションが簡単に行えます。

 

もちろん自分で計算しても問題ありませんが、こうしたツールを利用した方がより簡単で視覚的にも分かりやすいです。まずはシミュレーターを利用して毎月の返済額などのプランを立てて行きましょう。

 

返済シミュレーター使用上の注意

あくまでもシミュレーターは目安にしか過ぎないという点に注意しておきましょう。公式サイトで用意されているシミュレーターは実質年率の項目が既に入力されている場合もあります。一見便利なようですが、シミュレーターに入力される実質年率が間違っているケースもあります。

 

正確には間違っているというよりもあえて低く表示しているシミュレーターすら存在しています。業者としては毎月の返済額が小さく表示された方が都合がよいためこのような事が起きてしまうのです。ですから、あくまでもシミュレーターは目安程度に活用するのが良いでしょう。

 

また実質年率が低く計算されていたとしても嘘の表示をする事はできませんから、結果画面には計算に利用した利率も合わせて表示されています。実際に何%で計算した結果なのかは注意して見ておきましょう。悪質な場合は画面に表示してあっても見えにくいような配置になっている事もあります。あまりも誤差があるような計算であれば個人サイトが提供しているツールを利用するか、手動で計算してしまった方が良いかもしれません。

 

手動で計算する場合には

手動で計算あるいは個人サイトなどで提供されているシミュレーターを利用する際には、多くの業者が採用している金利で計算してしまうのが無難でしょう。50万円程度の借入であれば大抵の業者では18%前後で計算します。銀行のカードローンを利用する場合は14.5%あたりが相場になります。

 

もちろん業者によっては小さな差はあるためこちらも正確な値ではありません。しかし返済プランを立てるにあたっては金利を小さく計算するよりは少し高く計算しておいた方が良いでしょう。計算した結果現在の借入よりも有利な条件であると判明したら速やかに乗り換えをおすすめします。おまとめローンやキャッシングの借換は有利な条件であれば早めの方がお得なのは間違いありません。

おまとめにおすすめ!消費者金融スペック比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日